短小ペニスを改善したい

 

「短小ペニスは人前だと恥ずかしいな」

「彼女の前でもなんとなく気後れしちゃうし…」

「ペニスを大きくできれば自信を取り戻せるかもしれない!」

 

ペニスを大きくしたい、短小を解消したいと思う男性は多いでしょう。この記事ではペニスを大きくする方法について効果が期待できるものを紹介したいと思います。

それでは本文で短小ペニス改善の方法をまとめていきます。参考にして下さい。

短小ペニスの原因って何でしょうか?

医者

そもそもなぜ短小ペニスになってしまうんでしょうか?

誰もなりたくてなっているわけじゃないですから。

その原因について考えてみたいと思います。

包茎が原因で短小ペニスになるケース

包茎によって短小になっているんですが、実はこれが結構多いと言われています。

仮性包茎まで入れると、日本人の7割がなんらかの症状があると言われていますからね。

特に真性包茎は短小になる確率が非常に高くなります。

 

真性包茎は皮が亀頭に張り付いた状態で離れないので、ペニスの成長期に成長を阻害してしまうんです。

皮がある程度は一緒に伸びてはくれるのですが、やっぱり締め付けされている状態では大きくはなりません。

真性包茎でかなりのデカチンという人は、ほぼいないのが現状を表していますね。

遺伝と生活スタイルが原因で短小ペニスに

遺伝と一言で言ってしまうと、かなり悲しいものがあるんですが・・・。

でも確かに遺伝によって短小ペニスになってしまうことはあるようですね。

 

またこれは遺伝ではないのですが、生活環境で短小になってしまうことがあります。

ペニスが最も大きく成長するのは第二次性徴期になります。

この時期は男性ホルモンや成長ホルモンが活発に分泌されて、それによって男らしい体に変わっていく時期です。

その時期に不規則で不安定な生活を送っていると、ホルモン量が不足してしまうんですね。

つまりMAXまで大きくならない内に成長期を終えてしまうんです。特に食生活や不規則な生活(睡眠)などはホルモン量に大きな影響を与えてしまいます。

こういった生活スタイルによって短小ペニスになってしまった・・・。という場合が多いのが現状です。

食事によって短小ペニスを改善する

ペニスサイズのアップを目指すなら、栄養状況は整えておかなければなりません。ペニスを構成しているのは9割前後が海綿体という細胞になります。そして残りは血管と尿道などです。

しかし、ペニスとて一般的な細胞から成立しています。上記の構成組織のすべてに共通して必要になるのがタンパク質です。当たり前なことをと思うかもしれませんが、現代人はタンパク質不足が深刻な問題となっています。短小ペニス解消を願うならタンパク質はきちんと摂りましょう。

また、勃起するときのいわゆる精力のもとになるのは亜鉛です。精液の生産にも必要となります。勃起が満足にできなければ、短小ペニスを成長させる以前の問題です。亜鉛は日頃から気をつけて摂取しましょう。

基本的にはバランスのいい食事が中心になります。脂っこいものなどを食べすぎないように注意して下さい。

自宅でトレーニングによる短小ペニスの改善

チントレ

自宅で出来るトレーニングで短小ペニスの改善が期待できます。簡単にできて、道具も使わないものを以下に紹介しておきます。

引っ張りのトレーニング

名前のとおりにペニスを引っ張るトレーニングです。目的は体に埋もれているペニスを引きずり出すことにあります。

引きずり出すと聞くとちょっと怖いところもありますが、実はペニスを長くする長径術などの手術も基本はこれと同じです。

実はペニスは目に見えている部分が全長というわけではなく、何割かは根元の部分が身体に埋まっているのです。そこには余裕がある状態ですので、それを外に引っ張ることでペニスが長くなるという仕組みです。

そのため、下腹部の脂肪が増えるとペニスが短くなります。太った人がちんこが小さいというのは実は脂肪のせいという割合が多かったりします。

ミルキング

こちらも詳しい方法は他の記事を参考にしてもらうとして、こちらはペニス内に流れる血流に焦点を当てたトレーニングになります。勢い良く血流を血管に流し込むことで、血管の拡張を狙いう方法です。

ペニスのサイズ自体を決める大きなファクターは、ペニスに流れ込む血液量に依存しています。この方法は血管を拡張することで、血液量を増やすのが狙いです。

どちらの方法を行う場合でも、デリケートな場所のトレーニングになるためきちんと調べてから行うようにして下さい。

参考記事

チントレのミルキングの効果を知りたい!効果なしになる理由とは?

ペニス増大器具を使って自宅で短小ペニスの改善

ここでは道具を使うタイプのトレーニングを紹介していきます。

牽引タイプの増大器具

ここまでと同様に具体的な使い方は他の記事を参考にしましょう。ペニスに使う道具であるため、きちんと調べることが前提になります。

外圧の力によってペニスを牽引、つまり引っ張りトレーニングと原理は同じになります。ペニス牽引器具は身体に埋まっているペニスを引き出すための道具です。

ただしケガでは済まない可能性も同時にあります。手ではなく道具で伸ばし続けるため、きちんとした場所(自宅)でトレーニングしましょう。

ポンプタイプの増大器具

シリンダー内にペニスを入れて、ポンプを用いることで陰圧にし、ペニスを外側に向けて引っ張る方法です。

ペニスに血液を押し流すことができ、ペニス内に流れ込む血流量を増やしていくことが出来ます。もちろん、そのためには継続したトレーニングが必要です。

こちらの方法も適当に扱えば危険な方法となりえます。きちんと方法や注意点を調べてから試しましょう。

増大手術による短小ペニスの改善

クリニックによる極めて物理的アプローチが長径術という手術です。

メスを入れ(最近はメスを入れない術式もあります)、恥骨とペニスを結んでいる靭帯を切ってしまう方法です。身体の中へと引っ張られているペニスですが、その原因となっている靭帯を切ってしまうことで、ペニスは外部へと露出することになります。

ペニスを物理的に引っ張り出す手術なので確実に短小を改善できる方法です。もちろん、外科手術としてのリスクも有り、ペニスの短小解消方法の中でも最終手段と言えるものです。

サプリによる短小ペニスの改善

クリニックで手術することが最終手段である以上は、自宅でできる方法を考えるべきでしょう。最大の短小改善方法は器具やトレーニングに加えてサプリを摂ることとなるでしょう。

本文中では短小改善に向けて栄養を取ることを説明していますが、実際には食事などで補えない栄養素もあります。それら栄養を確実に摂れるのはサプリメントとなります。

サプリメントと組み合わせることでトレーニングの効果も相乗効果でアップします。さらにサプリメントには副作用が無いので、毎日安心して利用できるのが強みとなります。

サプリメントをベースに他の方法と組み合わせて、短小改善の相乗効果を狙っていきましょう。

 

奥さんや彼女をセックスでイカせたい!

だったらペニス増大サプリは必須だぜ。

増大サプリでデカイ男になろうぜ。

おすすめ記事

ペニス増大サプリ