ハイドロマックス

 

少しでもペニスを大きくしたいと悩んでいる人は多いものです。そんな人たちの中で話題になっているのがハイドロマックスなんですね。

ハイドロマックスはペニス増大器具の一種と言えます。ペニストレーニング「チントレ」を道具の力を借りて行うイメージです。

水圧の力を利用するポンプ式のペニス増大器具であり、従来のポンプ式ペニス増大器具よりも効率的にペニスを大きくすることが見込まれます。

こちらでは、ハイドロマックスの詳細と効果、そして口コミをもとにした説明をしていきます。

ハイドロマックスとはどんな商品?

医者

ハイドロマックスとはバスメイト社の「バスメイト」というポンプタイプのペニス増大器具の上位互換となる製品です。

上位互換というくらいだから、色んな改良がされているんですね。

バルブの部分を改良することで、下腹部へのポンプの吸着度をアップすることに成功しました。

なんと、バスメイト比べて、吸引力を35%もアップすることに成功したんだそうです。

 

ハイドロマックスは、そもそもお風呂の中やシャワー中に使用するペニス増大ポンプのことです。従来のペニス増大ポンプは「空圧式」を採用していましたが、これは「水圧式」を採用しています。

水圧式を採用したことにより、従来のペニス増大ポンプよりも安全にペニス増大トレーニングを行うことができるようになりました。

また、空圧式よりもペニス全体に力をかけることができるようになったため、均等にペニスを吸引することができます。

 

公式サイトでは、1日15分からの使用ペースで3か月以上使用すると、ペニスの長さが2センチから5センチ、ペニスの太さが20%から30%のペニス増大効果が期待できるとのことです。

こういった謳い文句は体質やトレーニング強度にもよるため、そのものズバリ「アテ」にできるといったものではありません。しかし、多少誇張部分を差し引いてみたとしても、ペニスの成長が期待できるのではないでしょうか。

実際にハイドロマックスについてもうちょっと見てみましょう。真実がわかると思いますし。

ハイドロマックスの効果とメリットを見る

メリット

ハイドロマックスはお風呂やシャワーに入りながら、ペニスを吸引できるペニス増大器具、増大ポンプです。

ハイドロポンプはトレーニング中に水圧の力を利用しています。従来の空圧式の増大ポンプと違って、トレーニング中のペニスの痛みが少ないのが特徴です。

空気式のタイプだとどうしても無理矢理な吸引部分があって、痛みを伴う場合も多かったそうです。

 

ハイドロマックスはペニスを構成する海綿体への血液流入によって、ペニスを大きくすることを目的にしています。

ハイドロマックスの吸引力によって、ペニスの海綿体細胞は風船のように外に膨張します。

この状態は通常よりも海綿体組織内が大きくなっているためすき間もあり、そこに向かって多くの血液が流れこむことで、普段より大きくなります。

ペニスへの血流のアップこそが、ペニス増大を達成するためには不可欠なんですよ。

ハイドロマックス

ハイドロマックスで圧力をかけると、通常のペニスサイズよりも大きな勃起状態が形成されることになります。ただし、数回きりだと一時的な増大にとどまってしまいます。

繰り返しトレーニングを重ねることで、勃起時にペニス内の海綿体に留めておける血流量を増やすことが可能になります。

このあたりは、通常の筋トレなんかと同じで、継続することがペニス増大につながります。

ハイドロマックスはペニス内海綿体組織を成長させることで、平常時、そして勃起時のペニスサイズを大きくします。

 

 

そして、海綿体にキープしておける血流量が増えることで、勃起時ペニスのサイズアップも可能となります。

さらに、元々シチュエーションとして、お風呂に入っていたり、シャワーをあびたりしている時に利用しています。

オフロに入っていると言うことは、血流が良くなっていると言えます。体(下半身)を温めることにより、亀頭に血流を集めやすくなっています。このことがペニスの増大に良い効果をもたらします。

そして、ゆっくりとお風呂に浸かりながらトレーニングできるので、リラックスしてペニス増大が可能となります。

ハイドロマックスの短所とデメリットを見る

デメリット

ハイドロマックスは空気式のペニス増大ポンプに比べると吸引力は多少とはいえ落ちてしまいます。

ただ、吸引が強ければ良いというわけではありません。無理やり吸い込んでいると水ぶくれのような症状が出てしまいますから。。。

結果的に痛みが少ないこともあるので、まずは初めてペニス増大器具を体験してみたいという人には最適ですね。

 

他にも、ハイドロマックスによるトレーニングはお風呂場で出来て便利ですが、どうしてもパートナーにバレる可能性も高いでしょう。

とは言え、他の増大器具も同じくバレる可能性は高いので、お風呂で使える分まだバレないかもしれませんね。

 

後、ハイドロマックスを使用後、一旦はグッとペニスが大きくなります。

しかし定着するまでは「ペニスが縮む、大きくする」を繰り返すことになります。しっかりとしたモチベションを持っておかないと、一喜一憂してしまうと継続が難しいかもしれません。

ただ、その点を加味しても初めてペニス増大器具を使うのであれば、安全に利用できるんじゃないでしょうか。

ハイドロマックスの正しい使い方

ハイドロマックスは1日15分、3ヶ月使用することが基本です。お風呂に入ったり、シャワーを浴びたりして血流を良くします。

シリンダー部分にお湯を満たし、ペニスに装着します。先端にはピンが付いていますが、これでロックしたり、解除したりします。

適切な負荷になるように、ロックを解除し余分なお湯を排出します。この時シリンダーを体に押し付けることでお湯を排出できます。

他にも上部に圧抜き弁があり微調整が可能です。この調子で15分リラックスしていてください。

これだけじゃわからないかもしれません。ハイドロマックスはペニスに触れるものです。必ず良く使用方法を読み込んでからはじめてください。簡単に使用のイメージを紹介しますね。

 

ハイドロマックス

1.ポンプ上部のバルブの先にあるピンをセンター位置に設定して、オープンの状態にします。

ハイドロマックス

2.コンフォートパットをポンプの本体に入っているラインに合わせ、装着します。

ハイドロマックス

3.シリンダーを回転できるため、ハイドロマックスで増大トレーニング中のペニスを観察するには、シリンダーを回してプリントの内面を正面にします。

ハイドロマックス

4.使用前にウォームアップのために最低5分はお風呂かシャワーで体温を上げて血行を良くします。

ハイドロマックス

5.シリンダーにお湯が入った状態で陰茎を挿入します。ポンプの本体を下腹部におしつけてコンフォートパッドが下腹部にシッカリ密着するようにします。

ハイドロマックス

6.吸引状態を最適化するために、シリンダー内の余分なお湯を排出します。本体を下腹部におしつけて、本体の先から余分なお湯を出します。これを何度か繰り返し、余分なお湯の排出が止まると吸引状態が最適になります。

 

なんとなくイメージできましたか?
使うのはそこまで難しくないです。ゆっくりとお風呂に浸かりながらハイドロマックスを利用してみて下さい。

ハイドロマックスの口コミをチェック

口コミ

「痛くないので使いやすい!」

「空気式も使ったけど、こっちのほうが痛くない」

「お風呂場でできるのが非常に便利ですね!」

「ジェル(ローション)を使わないから手間がない!」

「ちょっと緩いかも……。他のより吸引力が弱いので効果が薄い気?」

「妻や家族がいるから毎回こっそりと使っています。でも効果は出てる!」

「お風呂にながく浸かるのが苦手なので、15分は大変。でも使いやすいのは確か」

「吸引が弱いためか、続けるのは楽でしょう。急激には効果は出ないかも」

 

吸引力について心配されていますが、使ってみた感想としては十分に吸い付いていると感じます。

ペニス増大器具のヘビーユーザーなら、確かにもっと吸い付いてくれと思うかもしれません。

でも、そこまでするとかなり痛いですよ・・・。

継続することが大事になりますので、私には十分効果を感じられましたよ。

ハイドロマックスはサプリと一緒に使うのが良い

サプリメント

ハイドロマックスは亀頭に血液を送り込むというアプローチをします。これはペニス増大の仕組みとしては間違いではありません。

しかし、それだけでペニスを大きくするにはもしかすると時間がかかるかもしれません。

そこでぜひ一緒に使ってほしいのがペニス増大サプリメントなんですよね。

 

ハイドロマックスによる定期的な吸引とともに、ペニスに対して栄養を送り届けることも大事になってきます。それらはペニス増大サプリの役割です。

ペニス増大ポンプの「ハイドロマックス」はチントレと同じ効果のある商品なので、それとペニス増大サプリと併用することが、ペニス増大を効率的に目指す上でのポイントになります。

トレーニングと栄養は一緒にすることが大事なんです。ここがペニス増大の大きなポイントなのは間違いないでしょう。