レッドブルとモンスターエナジー

 

レッドブルとモンスターエナジーと言えばエナジードリンクでは知らない人がいないほど有名な商品ですよね?

『翼をさずける』で有名ですもんね、レッドブルも。

そもそもレッドブルやモンスターエナジーは栄養ドリンクとして人気で、多くの若い人に支持されています。

それこそ毎日飲む人もいるでしょうし、徹夜明けの仕事の時なんか飲んだら効きますしね。

 

そんな人達の中で『セックス前に飲んだら勃起できる』『エナジードリンク飲んだらムラムラして性力アップした』だなんて噂があるんですね。

実際にレッドブルとモンスターエナジーには精力剤としての効果はあるのか?

また性欲アップなどセックスにプラス面はどの程度あるのかを調べてみたいと思いますね。

レッドブルに含まれる成分

レッドブル

まずはレッドブルの成分について見てみたいと思います。

レッドブルにはどんな成分が含まれているんでしょうか?

カフェイン

コーヒーやお茶なんかでも有名なあのカフェインです。

カフェインの主な働きですが、覚醒作用や集中力アップなんかはけっこう有名ですよね?これ目的でカフェインを摂取する人も居ると思います。

また、利尿作用や鎮静作用もあって様々な効果を引き起こすのがカフェインです。

ただカフェインは多く摂りすぎると問題があります。例えば睡眠不足になったり利尿効果によって脱水症状担ったりする場合もあるんですね。

カフェインはとりすぎに注意です。

アルギニン

アルギニンはアミノ酸の一種で男性の勃起に対して有効な働きをする成分です。

アルギニンは血管を拡張する作用があります。アルギニンを摂取することでペニスの毛細血管も広がり、多くの血流が流れ込みます。

それによってペニスが勃起しやすくなったり大きくなったりといった効果も見られますね。

ナイアシン

ナイアシンとは水に溶ける水溶性のビタミンの一種になります。

ナイアシンの主な働きは、細胞でエネルギーを生成する際に働く酵素を補助する働きを行います。皮ふや粘膜の健康維持をするためには非常に重要な役目を果たしています。

ナイアシンはレバー、魚、肉といった食品から摂取することが出来ます。

どちらかと言うと、性力には関係なく体のエネルギーを生成するための補助を行うと言った働きになってますね。

パントテン酸

パントテン酸の働きですが、脂質、糖質、タンパク質の代謝にかかせない重要な成分です。

それ以外にも抗ストレス効果や、動脈硬化といった働きをしてくれています。

パテントン酸が不足してしまうと、疲労、不眠、めまい、手足のしびれといった神経に関する症状が出るようです。

モンスターエナジーに含まれる成分

モンスターエナジー

引き続きモンスターエナジーの気になる成分について見ていきますね。

モンスターエナジーはどんな成分でできているんでしょうか?

カフェイン

先程レッドブルのところでも紹介しましたが、モンスターエナジーにもカフェインが配合されています。

主に眠気を覚ます覚醒作用や集中力アップなどが期待できますね。

私も性力とは関係ないんですが、徹夜明けの会議とかそういった際にはよくモンスターエナジーを飲んでました。

確かに眠気は収まるし、集中できますよね。

高麗人参エキス

あの高額成分である高麗人参のエキスが入っています。

疲労回復や滋養強壮、新陳代謝や勃起の改善に役立つのがこの高麗人参エキスです。

漢方などにもよく用いられていますので、その効果は裏付けされたものですね。

アルギニン

先程も紹介したアミノ酸の一種であるアルギニンです。

ほとんどの精力剤のサプリやドリンクではこのアルギニンが配合されています。

勃起というのはペニス内の海綿体への血流によって起きます。ここにしっかりと血が流れる事が大事です。

アルギニンは血管を広げてくれますので、そういった意味で勃起力の回復に役立つというわけです。

カルニチン

カルニチンはアミノ酸の一種で、エネルギーをつくり出し脂肪の燃焼を助ける働きがあります。

このエネルギーを作るという点からスポーツ選手がよく摂取する成分がカルニチンだったりします。

運動のためのエネルギーをしっかりと体内から作るために必要なんですね。

セックスだと・・・腰の運動?のためのエネルギーっすかね。。。

レッドブルやモンスターエナジーは精力ドリンクとして効果がある?

それぞれの成分についてチェックしてみましたが、実際にレッドブルとモンスターエナジーは性力ドリンクとして使えるのか?という点が気になりますよね。

それぞれの成分で恐らくもっとも精力剤に有効な成分は『アルギニン』だと思います。

アルギニンは体内のテストステロン量を増やすことができますし、血管を拡張する作用も持っています。

これらの成分によって少なくとも勃起力や性力はアップするはずです。

ちなみにテストステロンが増えるとこんな効果が期待できます。

 

  • 勃起力改善
  • 性欲がアップする
  • 射精の際の気持ちよさアップ

テストステロンの効果はセックスに直結しています。それくらい大事なホルモンなんです。

 

またカフェインも実は精力ではないのですがセックスの際には大事かもしれません。

眠気を解消するのはもちろんなんですが、他にも働きがあります。

脳内の【報酬系】といわれる箇所に働きかけ、気持ちを高ぶらせたりハイな気分にしてくれるのがカフェインです。

※報酬系とは、ヒト・動物の脳において欲求が満たされたとき、あるいは満たされることが分かったときに活性化し、その個体に快の感覚を与える神経系のことである。人の中の気持ちいいという感覚や快楽を感じる部分の事。(wiki出典 報酬系とは?

 

これらの働きによって性力や勃起がアップするハズ・・・。

なのですが、実はレッドブルとモンスターエナジーには少し問題があります。

それはアルギニンの配合量なんですね。配合量についてちょっと見てみたいと思います。

レッドブルとモンスターエナジーのアルギニンの配合量

有効成分

では実際にレッドブルとモンスターエナジーのアルギニンの配合量についてチェックします。

商品名 アルギニン配合量
モンスターエナジー 444mg
レッドブル 120mg

アルギニンの量を見るとモンスターエナジーの方が多いんですね。

でもここで大事なポイントがあります。

【勃起力や性力をアップするにはアルギニンを1日辺り2000mg飲み続ける必要がある!】

ここなんです。

 

レッドブルもモンスターエナジーも両方共、勃起力や性力をアップするには配合量が全然足りないんです!

これを飲めば一気にびんびんになってセックスに望めるという結果にはならないんです。

じゃあモンスターエナジーを5本毎日飲めばとも思うかもしれませんが、カフェインも大量摂取になりますし、糖分もかなり多くなりますので確実に病気なるでしょうね。

本気で性力アップや勃起をもっと改善したい人は性力ドリンクでも別のものを利用するといいかもしれませんよ。

精力剤としては不十分だがプラシーボ効果はあるかも

確かに精力剤としては不十分な配合量だと思います。

更に言うと精力アップには欲しい亜鉛やマカ、シトルリンやクラチャイダムといったものが入っていません。

あくまでアルギニン単体になりますので、どうしても精力アップでというには足りないのが現状です。

 

でも実は口コミとかを聞いてると何人かの方が実際にレッドブルやモンスターエナジーを飲んでセックスしているそうです。

しかもこんな口コミが入ってきています。

『レッドブルのおかげで今日もビンビンで気持ちよかった』

『モンスターエナジー飲むとやっぱセックスの時勃ちがいいんだわ』

『セックスで頑張る時は毎回モンエナ飲んで戦ってます』

 

これは何かというと、そう【プラシーボ効果】というものです。

思い込みで効くと言えば一番簡単に分かるかと思います。

確かにそこまでの効果は無いかもしれないのですが、実際にセックス前にこれらを飲んでバッチリ成功した!という人は次からも飲むといい感じになるんですよ。

心因性のものになりますが、そういった成功体験は次回にも大きな影響を与えます。

レッドブルやモンスターエナジーを飲んでセックスが良かった⇒次も飲んだらビンビンに勃った

こんな風につながるのがプラシーボ効果なんです。

元々、元気にするためのエナジードリンクです。お守り代わりに飲み続けるのはいいのかもしれませんね。

確実に精力アップしたいならやっぱり精力剤

エナジードリンクについて見てみましたがいかがでしたか?

もちろんレッドブルやモンスターエナジー自体が悪いわけではありません。

ただ精力剤としてしっかりと精力アップや勃起力の改善を求めるのであればやはりサプリがいいでしょう。

今紹介したアルギニンやシトルリンをたっぷりと配合しているものもあります。

こちらでも厳選したものを紹介していますので、是非参考に見てみてくださいね。