早漏防止トレーニングで早漏を克服したい。そのためには早漏の原因を調査してその原因毎に対策を考える必要があります

 

なんか彼女から早いって言われて辛いんだけど。

昔の彼女にセックスが早いからって笑われたんだ。。。

そんな辛い悩みをお持ちの方は実はかなり多いんですよ。

それは早漏と呼ばれていて、女性からも嫌われる原因の一つになるんです。

今回は早漏の原因と対策について見ていこうと思います。

早漏とは?症状について

早漏と一言で言いますが、実はいくつかの条件があります。

どんな条件だと早漏と言われるのでしょうか?

実はアメリカの泌尿器学会で定義がされていまして、こんな定義となっています。

  • 女性に挿入して1分以内に射精してしまう
  • 膣に挿入すると射精のコントロールが出来ない
  • 十分な挿入により相手を満足させることができない
  • セックスが苦痛、フラストレーションに感じる

 

ただ射精までが早いから早漏って言うわけではないんですね。

これが実は本当の早漏の定義になります。

しかし、一般的にはパートナーの彼女が『早いんだけど!』って思うと、その男性は早漏って思われていまします。

では女性はどれくらいの挿入なら満足してもらえるんでしょうか??

女性が求める理想の挿入時間を知りたい

さて、女性が男性に求めている挿入時間はどれくらいになるんでしょうか?

早漏気味の人にはちょっとショッキングなデータとなっています。

『15分』

実は15分の挿入時間が、女性の求める理想の挿入時間なんです。

 

多分こちらに来ていらっしゃる人にはかなり厳しい結果となっていると思います。

平均としては6分から10分という希望が全体の35%以上。

その次が11分から20分が希望という人が多かったんです。

【対象と方法】 平成15年8月から平成16年2月の7ヶ月間に、プライバシーが守られることを説明し同意が得られた女性112 名に、アンケート調査を実施した。アンケート用紙は無記名とし、年齢と膣内挿入希望時間のみを記入してもらい回収した。

【結果】女性112 名の年齢は、20-58歳(平均30.6歳)で、膣内挿入希望時間は30秒 ? 120分(平均17.3:152分、中央値 15分)であり、年齢との相関は認められなかった。

参考資料:早漏の定義と目標挿入時間(日本泌尿器科学会総会)

世界的に見ても、実は15分を下回る早漏の人は3割程度いると言われています。

日本人はもっと多い統計がありますので、4割くらいの人は早漏と言えますね。

『4割の男性が女性をセックスで滿足させていないのが現実!』

 

まずは早漏の原因について調べる必要がありますね。

どうすれば早漏を改善できるのかを考えていきたいと思います。

早漏の原因は?何が問題なの?

早漏の原因についてですが、いくつか種類があります。

その中でも大きく分けると2つに分かれているんですね。

  • 心が原因の早漏
  • 身体が原因の早漏

心になにか問題があって早漏になってしまっている場合と、体のある部分に問題があって早漏になっている。

どちらかが原因で早漏になっています。

それでは更に細かく分けて原因をチェックしていこうと思います。

心因性早漏について

心因性の早漏はストレスやコンプレックスが原因となっています。

特に若い男性に多い症状と言えますね。

セックスに慣れていないので、どうしても興奮してしまうことで射精までが早くなってしまうんです。

後、自律神経も大きく影響していて、交感神経と副交感神経がセックスに関わっているのをご存知ですか?

ストレスが溜まると、交感神経が優位となって勃起しにくくなる上に射精までが早くなってしまうんです。

女性にとっては最悪のペニスと言えますよね。。。

過敏性早漏について

過敏性の早漏は主に亀頭が刺激に弱いことで、すぐに射精してしまう症状です。

特にこの過敏性早漏は包茎や仮性包茎の人がなりやすい早漏と言われています。

包茎の人は、普段亀頭が隠れているので外的な刺激に対して非常に弱いんです。

いざセックスの際にペニスの皮をむいてしまうと、その刺激に耐えられずにあっという間に射精してしまいます。

包茎や仮性包茎の人は日本人に多いと言われますので、その部分の改善が必要です。

衰弱性早漏について

衰弱性早漏は加齢が元で起こる早漏になっています。

射精管閉鎖筋という筋肉の筋力が弱くなることによって射精してしまう状態です。

射精って何となく一気に全部出てしまうイメージがありますが、実は勃起してピストン運動している時にジワジワと漏れて出ているんですよ。

それが射精管閉鎖筋が弱くなることで、漏れる量が増えてしまうんです。

ダラダラと射精している状態となって、女性にとっては満足できない状態と言えます。

過度のオナニーが原因の早漏について

オナニーをする時に間違ったオナニーを何度も繰り返すことによって早漏になってしまいます。

男性は基本的にオナニーはそこまで時間をかけない場合が多いです。家族もいる状態ですし、1時間とか掛ける人の方が少ないです。

そうすると、興奮してペニスに刺激を与えるとすぐに射精してしまう、イキ癖がついてしまいます。

刺激を受けるとすぐに反応して射精してしまうパターンの人がかなり増えているんですよ。

 

また、最近のエロ動画はかなり過激なものが多いです。

これによって視覚からの刺激ばかりで射精しますので、逆に実際のセックスの際に射精できなくなるんです。

エロビデオでは女優さんが激しく喘いでくれますが、現実の女性はセックスでそこまで激しい反応は少ないです。

そうすると目から入る刺激が足りずに、勃起すらしなくなることも。

早漏になるか勃起しないかという最悪の展開になりますので、オナニーには要注意です。

包茎が原因の早漏について

包茎の人は先程も触れましたが、間違いなく早漏です。

亀頭の皮がむける人でも早漏の場合があるんですが、皮を被った状態だとまずピストンに耐えられません。

皮を被った状態でオナニーするとどうですか?すごく気持ちよくないですか?

ちょうどいい刺激が亀頭全体をこすることになりますので、あっという間に射精してしまいます。

原因にあった対策で早漏を改善できる

いくつかの早漏の原因を見てきましたが、おそらく早漏に悩んでいる人はどれかに当てはまっていると思います。

つまり自分の早漏の原因を知ることが非常に大切なんです。

それさえわかれば、その原因を改善してあげることで、早漏を克服することが出来るんです。

それぞれの早漏対策について見てみましょう。

心因性早漏の対策

まず心因性の早漏対策について見てみましょう。

若い人に多いセックスに余裕のない状態については、これはある程度場数を踏むことが必須です。

いい意味でセックスに慣れることが早漏を改善するポイントになります。

精力サプリなんかを利用することで、2回戦も可能になれば1度出してもすぐに続けられますからかなり精神的に安定すると思いますよ。

 

ストレスに関してはまずはしっかりとリラックスすることがポイントになります。

深呼吸をして興奮状態を抑えることがまずは大切です。

興奮状態を抑えられると、副交感神経が優位になってリラックスする事ができます。

射精は交感神経が強いとしやすくなりますので、ゆっくりじっくりと深呼吸してみましょう。

 

後、摂取したい成分としてはセロトニンですかね。

朝、一番に日光を浴びることでセロトニンを分泌することが出来ます。

そのためにトリプトファンを摂取する事も非常に大切です。

精力サプリでもトリプトファンを配合している商品がありますので、チェックしてみて下さい。

過敏性早漏の対策

過敏性早漏の対策方法ですが、いくつかの方法があります。

ポイントとしてはいかに亀頭への刺激になれるのか?ということと刺激を少なくするという点です。

刺激に強くするには、亀頭をオナニーなどの際に刺激してあげることが大切です。

オナニーするときにはどうしても竿を激しくしごいてしまう人が多いですが、そのオナニーでは早漏は改善されません。

亀頭にじっくりと刺激を与えることで、刺激に強いペニスを作ることが出来ます。

 

また、早漏用に開発された極厚のコンドームを利用するのもいいでしょう。

最近は薄さ0.1ミリみたいなのが流行っていますが、あんなのを着けたらあっという間にいっちゃいますよ。

厚さの厚いコンドームは刺激が少なくなりますので、早漏を改善することが出来るでしょう。

衰弱性早漏の対策

衰弱性早漏の対策についてですが、これはやはり筋トレを行うことが大切です。

特にPC筋と呼ばれている部分の筋トレが必要になります。

①5秒間肛門を締める
②5秒間肛門を緩める
③この動作を繰り返す

非常に簡単な筋トレで効果が出ますので、是非チャレンジしてみて下さい。

勃起力の改善にも役立ちますよ。

過度のオナニーによる早漏の対策

過度のオナニーによる早漏の対策についてですが、これはオナニーのやり方を変える必要があります。

具体的には、オナニーの時間を多めにとって直ぐに射精しないようにする事ですね。

早漏の男性のほとんどが、オナニーをしたら即射精をしてしまうという脳の条件反射が染み付いています。

これを無くすことがポイントになります。

そのためには刺激の強いエロ動画で一気に抜くのではなくて、エロ小説や想像でじっくりとオナニーをしてゆっくりと射精する習慣を身に着けて下さい。

包茎による早漏の対策

包茎による早漏については、亀頭が被っている皮によって亀頭全体が刺激されて射精してしまう状態です。

皮オナニーが好きな人は、普通のオナニーよりも早くイキますし気持ちいいものです。

でもこれによって早漏になる大きな原因となっています。

 

これを改善するにはやはり包茎手術を受けることが大切です。

包茎は今や簡単に手術が出来る症状と言えます。扱っているクリニックもかなり増えていますから。

自宅から通える所で施術数の多い経験豊富なクリニックを選んで包茎を改善して下さい。