オナ禁は正しく行えば勃起力のアップやペニス増大につながるんです。どのくらいの期間オナ禁をすればテストステロンが増えるのでしょうか

 

精力と言えばオナニーって関係してるよな。

ちなみに皆はどれくらいオナニーしてる?

若い男子であれば、それこそ毎日やってもってくらいだろうな。

 

健康な男性なら普通にしている自慰行為、そう、オナニーしますよね。

性欲というのは人間として生きている上で絶対に避けられないものです。オナニーは特別な行為ではなく、生活の一部として自然にしている、という人が多いはずです。

オナ禁とは文字通りオナニーを禁じる、ということを指しています。

具体的にはオナニー等による射精をしないようにするというもので、1週間から2週間のオナ禁をする人から半年以上の長い期間射精をしないという人もいるようです

 

※今すぐ精力をアップしたい人必見※

あなたが彼女や奥さんを何度もイカせたいのであれば・・・
最低でも一晩で3回はSEX出来ないとダメでしょ!

今から3回も大丈夫??
もし不安なのであれば今すぐに精力剤を使いましょう。

私はこれで絶倫になりましたから♪

参考記事

精力剤

 

オナ禁する事によるメリットとは

それでは、オナ禁を行うことでどのような変化、効果が得られるのでしょうか?

具体的なオナ禁のメリットをまずは見ていきましょう。

実は結構たくさんのメリットがあるんですよ。

ペニスの勃起力がアップしてペニスも大きくなる

オナ禁を始めて数日経過すると、ちょっとした刺激でも興奮するようになり、頻繁に勃起するようになります。

これは通常よりもオナニーを控えた結果、睾丸で作られる男性ホルモンの一種、テストステロンの分泌量が増え、体内濃度があがることによって起きる現象です。

テストステロンは男性らしさを左右する機能を持つホルモンで、性に対する感受性が上がります。すると性的刺激に敏感に反応するようになり、結果として勃起しやすくなり、ちんこに多くの血流が流れ込み、ペニスが増大するとも言われています。

しかし、オナ禁を2ヶ月ほど続けていると性欲そのものが極端に減退すると言われていますので、オナ禁のしすぎで良いとはいえません。

なんだか女性にモテるようになってくる

これ、オナ禁でよく言われる変化なんですが、本当なんでしょうか?

実はオナ禁をするとモテるようになるんです。というのもテストステロンが増えるのは話したと思います。

そのテストステロンがモテフェロモンだったりするんですね。

 

嘘っぽく聞こえるかもしれませんが、実際にあなたにも同じような経験があるはずです。

街中で思わず女性に見入ってしまった経験ありませんか?

あれは女性がエロいフェロモンを分泌しているからこそ、男性はなんとなくずっと見てしまうんです。

考えるというよりはなんとなく感じてしまってというのが正解です。本能ですから。

オナ禁をすることで女性にモテるようになると言うのは本当です。

髪の毛の抜け毛が減ってきた

これも多くの人から実際に聞いた話ですが、どうやら抜け毛が減るとのこと。

そもそもオナニーするとテストステロンが減ってジヒドロテストステロンが増えます。

この働きによって抜け毛や薄毛になりやすくなるんですね。

 

さらに亜鉛の問題があります。亜鉛は射精する時に消費してしまうんですが、それが髪の毛に関係しているんです。

髪の毛の主成分であるケラチンを生成するのに亜鉛が必要なんです。

結局髪の毛を作るための材料が減ってしまうので、単純に禿げてしまうってことです。

まぶたの二重がクッキリしてキリッとする

二重がクッキリって・・・。と思ったはず。はい、私も聞いた時なんじゃそりゃって思いました。

二重がくっきりするっていうことは、つまり瞼のむくみが取れたってことですね。

これも確かにテストステロンが影響してますので、理由はよくわかります。だからキリッとするわけだ。

目がスッキリとして疲れが取れるって言うことだから良いことですね。

顔などの肌ツヤが良く肌荒れしない

頻繁にオナニーをしていると肌が脂っぽくなったり、肌荒れ、ニキビや吹き出物等が目立つようになることがありますが、これは射精によって蛋白質や亜鉛が不足し、新陳代謝が正常に行われなくなることが原因の一つと考えられています。

オナ禁することで肌ツヤが良くなるのは実感しやすいのではないでしょうか。

また、オナ禁によってテストステロンの体内濃度が高まり、健康増進効果が得られたことも肌ツヤが良くなる要因の一つだと思われます。

オナ禁で痩せやすくなる

これはいくつかの要素が絡んでの出来事なんですが、まずはテストステロンが増えることで筋トレなどの効果がアップします。

男性ホルモンは筋肉が付きやすくなるので自然と効果が出るんですね。

日常の行動やちょっとした運動も筋肉の生成には関係していますから。

それによって基礎代謝が上がって痩せやすくなります。

また射精によって余計な栄養素の流出を防ぐことで、そもそも空腹を感じる事が減ってきます。

射精ってエネルギーを使いますから、その分血糖値が上がってお腹が空くんですよ。

オナニーしてしばらくすると何かおなかすいたなーって思うことないですか?私はしょっちゅうです(笑)

オナ禁で精神面が充実したり安定する

オナ禁によってテストステロンの体内濃度が高まるという点は前述の通りですが、テストステロンは性的、肉体的な作用だけではなく、精神にも深い関わりがあるのです。

テストステロンは不安や怒り、というようなマイナスの感情を落ち着かせたり、喜びや楽しさといったプラスの感情を高める等、日々の生活を充実させるための働きをしてくれるのです。

オナ禁のデメリットとは

それでは、オナ禁を行うことのデメリットについても触れてみたいと思います。

性欲そのものが減退してしまう恐れ

オナ禁を開始して数日はちょっとした刺激で興奮したり、すぐに勃起したりするようになりますが、2ヶ月等の長期間オナ禁を続けると性欲が急激に減退してしまうようになり、勃起しにくくなると言われています。

ちんこ増大、勃起力を上げたいという動機でオナ禁をするのであれば、これは逆効果と言わざるを得ませんね。

あまりにも長い期間のオナ禁は逆効果ってことですね。

人としての生殖能力が落ちてしまう

精子はおよそ3日間で一度の射精分が生産されると言われていますが、オナ禁によって精子が放出されない場合でも新しい精子は生産され続け、過剰な精子は体内に吸収されるようになっています。

人間の身体は使わない器官は退化し、エネルギーを消費しないように出来ています。

長期間オナ禁によって射精をしないようにしていると身体が精子を生産する必要がない、と判断し、精子の生産能力が低下してしまいます。

長期間のオナ禁は逆にテストステロンの減少につながる

オナ禁とテストステロンの体内濃度の関係を調べた結果、オナ禁7日目が最もテストステロンの濃度が高く、8日以降は濃度が大幅に下がり、それ以降はオナ禁前の水準に戻るということがわかっています。

そればかりか、長期に渡るオナ禁によってテストステロンの分泌そのものが減少してしまうと言われています。

前述の性欲減退、生殖能力の低下にもテストステロンの減少が関わっていますが、肉体的・精神的な活力を左右するテストステロンが減少することはマイナス以外のなにものでもありません。

週1回のオナニーで勃起力を向上させる

オナ禁のメリット、デメリットについて見てきましたが、過剰にストイックなオナ禁はどうやらちんこ増大や勃起力向上にとってデメリットが大きいことがわかりました。

むしろ、適度にオナニーやチントレを行い、ちんこに刺激を与えることでちんこに流れる血液量を増やすというのが適当ではないでしょうか。

但し、オナニーのやり過ぎはちんこが強い刺激に慣れてしまい、SEXの際にイケなくなってしまう膣内射精障害等を招く可能性がありますので、ほどほどにしておくのが良いですね。

論文などのデータからも7日間オナ禁をすることで最もテストステロンが向上すると言われています。

ですので週に1回射精をするくらいはするほうが良いわけです。

ストイックにオナ禁と言ってやりすぎず、1週間に1回は溜まった精子を出してあげましょうね。

勃起力改善にサプリメントを利用する

オナ禁は長期的にはちんこ増大、勃起力向上の妨げになってしまう可能性が高いことがわかりましたが、チントレ等を行いながらサプリメントを上手に活用してちんこ増大、勃起力向上を目指すのが最も効率的です。

オナ禁ってやってみると分かるのですが、かなりしんどいですしムラムラして仕事になりません(笑)

だからこそサプリをうまく利用することがポイントですね。

ちんこ増大、勃起力に関わる成分を配合したサプリメントで1晩に3回戦OKを実現しましょう。

 

↓併せて読みたいオススメ記事はこちら↓

おすすめ記事